招待コード『DATELABO』で無料デート

【体験談】いきなり合コンというサービスで合コンした話

 

マッチングアプリみたいに、まったく知らない人と合コンがセッティングできる・・・。そんな幹事にとってありがたすぎる合コンのサービス「いきなり合コン」。そんないきなり合コンを利用して合コンをした男性の体験談。

 

いきなりデートラボ編集部です!

今回はいきなりデートの姉妹サービス、いきなり合コンを使って合コンした体験談を載せます!

僕自身は、合コン経験は人生で10回程度なので初心者〜中堅レベルです。

友人と一緒に合コン案件を探していましたが僕はマッチせず、友人がマッチしたのでそれに誘われる形で参加しました。

いきなり合コンとは?

いきなりデートと違い、審査がない

審査が厳しいことで有名ないきなりデートですが、いきなり合コンは審査がありません。

いきなりデートは学歴や勤務先の企業規模を審査されます。

 

 

しかし、いきなり合コンを利用する際に審査はありません。

 

また、いきなり合コンには、顔写真を載せることができます。

いきなりデートは実際に会うまで相手の顔を知ることができませんが、いきなり合コンでは会う前に相手の顔を知ることができました。

僕はいきなりデートいきなり合コンも使ったことがありますが、会う前に顔を知れることが良いのか悪いのかはサービスを使う目的次第だと思います。

僕は絶対、顔知りたいです!

合コンまでの流れ

いきなり合コンで合コンが成立するまでの流れは以下です。

※最近の仕様変更により、成立までの流れが変わりましたが僕が合コンした際の手順を掲載します。

申し込みから成立までの流れは、多くのマッチングアプリと似ていたので特に迷うことはありませんでした。

どれくらいのユーザーがいるのか?

僕が利用していた頃は、男性は数百人、女性は数十人くらいでした。

サービスがリリースされてからあまり時間が経っていなかったことを考えると、多かったと思います。

合コン前日までの準備

僕は今回、友人に誘われたので参加しました。僕も含めて3人とのことだったので、3:3の合コンでした。

人生で10回は合コンをした僕の意見ですが、合コンは3:3が一番良いです。

4:4だと一つの話題をみんなで回すときに最後の人が話すまで時間が空くし、会場によっては声が届きにくいです。

2:2は個人的に好きな人数ですが、合コンと呼んで良いのか微妙です。

あと、お店を予約する際は絶対個室にしましょう!

場数を踏んだ後は個室でなくても良いですが、慣れないうちは個室をオススメします。

いよいよ合コン当日!

合コン当日の概要

今回は、20時から恵比寿の個室居酒屋(響き)でスタートしました。

女性陣は3人とも大学1年生で、一方の男性陣は24歳前後だったので、年齢的には5歳ほど違いがありましたが特に問題なく盛り上がりました。

3時間ほど居酒屋で飲んだり食べたりした後、30分ほど近くで飲み直してお開きとなりました。

合コンで盛り上がる話題

趣味や仕事が違う人たちが集まる合コンですが、共通して話すことができる話題が一つあります。

それは過去の恋愛です。

昔付き合っていた恋人の話や、一番クズだった男というテーマはおすすめです。

参加メンバーの貞操観念を知ることができるという意味でも語るべき話題です。

僕たちも今回、過去の恋愛話をする流れを作りました。

若いっていいですね、ピュアです。

女性陣は19歳前後だったので、ドロドロした話は一切なく何年か好きな人を追いかけているというキュンとする話を聞くことができました。

話題に困る人や会話が下手だなと思う方には、また会いたいと思わせるテクニックや、好意の返報性などの恋愛心理学などがおすすめです。
【恋愛心理学】「好意の返報性」を上手く活用するためには? 【会話下手でもOK】また会いたいと思わせる技2つ!元CA婚活コンサルタントが直伝

合コン終了後の連絡について

合コン中にLINE交換をする時間を設けてもOKですが、後でLINEグループを作ろうと相手幹事に伝えておくのも良いです。

その場でLINE交換の流れになった場合は、スタンプを送ってもらうことを徹底してください。

なぜなら、LINEを交換しただけでは、友達リストに追加されるだけなので名前を覚えておかないと自分も相手も埋もれてしまいます。

帰宅後に連絡をする際は今日はありがとう!またタイミング合えば飲みましょう!という旨のLINEをしておくと良いと思います。

また、LINEのQRコードを待受に設定しておくと笑いを取れます。チャラいと思われるリスクを背負うことになりますが、ブランディング的にOKであれば試してください。

モテるLINEアイコンや、断られないLINEでのデートの誘い方も参考にしてみてください。
【女性受け抜群!】モテる男のLINEアイコン4選【アイコンも評価されている!?】 【童貞必見】断られないLINEでのデートの誘い方【例文付き】

まとめ

久しぶりに参加した合コンでしたが、楽しかったです。

相手が大学1年生ということもあり、若いエネルギーを分けてもらえた気がします。

僕は合コンは、コスパが悪いものだと思っています。

2〜3時間同じ人たちと、6,000円前後かけて話すイベントなので街コンやマッチングアプリといった他の出会いの方法と比較すると時間的にも金銭的にも合理的ではないと思います。

ただ、予想できないことが発生したり、男同士が仲良くなったりと合コンでしか体験できない楽しみもあるのでたまに開催するのは良いかなと思っています。

異性との出会いの方法はたくさんあるので、得意な方法で恋愛・婚活をハックしていくことが今の時代に求められるスキルなのかもしれませんね。

手前味噌ですが、ハイスペと出会いたいならいきなりデートオススメです。