招待コード『DATELABO』で無料デート

【zoom飲み】オンライン飲み・自宅飲み・リモート飲みに最適なお酒6選

zoom飲みと言うものが流行っています。zoom飲みとは簡単に言えばテレビ電話をしながら自宅で飲み会をするというものです。SkypeやLINEでももちろんできますが、zoomならば、スマホでもパソコンでもそのほとんどのデバイスに対応しているという特徴があります。

つまり、「え?僕のスマホ対応してないんだけど」というようなことがなく、みんなで気楽に始められます。複数人で集まってお酒とおつまみを用意したら準備OKです。後はメンバーみんなでzoomを繋げてテレビ電話をしながらお酒を楽しみましょう。

どんなおつまみを用意したのかや、どんなお酒を用意したのかなどを質問すると話題が盛り上がるのでおすすめです。

それではzoom飲みで用意するといいお酒には、どんなものがあるのでしょうか?6個紹介します。

zoom飲み・オンライン飲み・リモート飲みに最適なお酒6選

ビール・クラフトビール – Zoom飲みに必須!


zoom飲みにはやはりビールは欠かせません。特にプレミアムビールやクラフトビールを飲んで、プチ贅沢を楽しんでいる人が急増しています。こんな時期だからこそ、飲み会くらいは贅沢にいきたいと考えている人が多くいます。

いつもは、発泡酒や第三のビールを飲んでいる人も、zoom飲みの時くらいは普通のビールにしたり、クラフトビールを買ってきて飲んでいる人が多いです。

また、中には瓶ビールをわざわざ注文して飲んでいる人もいます。企業によっては、クラフトビールの飲み比べセットなどを販売しているところもあります。多少高くてもせっかくのzoom飲みだからそういうものを選ぼうという人が急増しています。

特にクラフトビールや瓶ビールなどは珍しいので、zoom飲みで準備して話題として取り上げちゃいましょう

ちなみに、個人でも生ビールを注文できるシステムが多くあります。ビールサーバーをレンタルして飲むことができるので、ここぞとばかりに贅沢したい人や、せっかくならばお店で飲んでいる気分を存分に味わいたい人ならば、ビールサーバーをレンタルして生ビールを飲むのがいいでしょう。

ちなみに、業務用のレンタルサーバーを自宅で楽しむこともできますが、サーバーと炭酸と冷却用の氷が必要だったり結構大変です。また、物によってはかなり重くて一人で運ぶのも一苦労だったりします。

キリンビールには、ホームタップという月額3000円程度で気軽に生ビールが楽しめるサービスがあります。年間契約なので、1年未満で解約してしまうと解約手数料がかかりますが、それを除けば、高品質のビールが保存品質に問題がないペットボトルで郵送されます。サーバーも非常に軽くておしゃれなデザインのものが送られます。

軽くて手軽に移動することもでき、おしゃれなデザインなのでインテリアとしても使えるのが嬉しいポイントです。
ビール持ってオンラインデートしよう!

外出自粛中必見!【オンラインデートの楽しみ方】

ハイボール – リモートワークはカロリー気にする?

最近では特に流行っているのがハイボールです。居酒屋なんかでもハイボールを飲む若者が増えて来ていて特に女性に人気です。

種類も豊富でジムビームやブラックニッカのように瓶で飲んでいる人からトリスなどのように缶で飲んでいる人まで様々です。種類が豊富ということはそれだけ人気があるということです。

市販のハイボールをそのまま飲むのもいいのですが、せっかくのzoom飲みなので、手作りのハイボールを楽しむのもありです。ハイボールとはウイスキーを炭酸で割ったお酒の総称です。手軽に作れるのがおすすめです。

最近では酎ハイと炭酸をプラスした酎ハイボールというものが、居酒屋などでも流行っています。もちろん自宅でも簡単に酎ハイボールが作れるので作ってみましょう。

できることなら、ハイボールも酎ハイボールも手作りをして少しだけ贅沢感を味わうのがいいでしょう。酎ハイボールは、グラスに氷を入れて好みの焼酎を入れます。そこへ炭酸を注ぎ、レモンや梅干しなどを入れるだけです。緑茶を入れれば緑茶ハイが完成します。

ちなみに、ハイボールに市販のコーラを足せばコークハイが完成します。

ワイン - リモートワークで疲れたあなたに

zoom飲みで更に高級感を味わいたいならば、ワインがおすすめです。せっかくなのできちんとしたワイングラスに注いで、おしゃれなおつまみも用意したいところです。居酒屋やファミレスなどではグラスワインもありますが、ここは自宅なので、ボトルワインで贅沢気分を味わっちゃいましょう。

ちなみに、ワインは750mlが通常ですが、マグナムボトルという大容量を選べば1500mlも入っているワインを楽しむこともできます。ビールよりもワインが好きだという人はこちらをおすすめします。

また、ワインの利点は、余った場合に料理として活用できる点です。赤ワインならば牛肉と一緒に煮込んでワイン煮が作れますし、白ワインならば魚介と一緒にワイン蒸しにするのがいいでしょう。

最近ではあれもこれも自粛なので、せっかくのzoom飲みくらいは結構贅沢をして発散したいという人もいるはずです。そんな人ならば通常のワインよりも更に高級感を味わえるスパークリングワインや、シャンパンがおすすめです。

結婚式などでよく使われているシャンパンは『モエ』『ランソンブラック』と呼ばれる種類です。見た目にもこだわりたいならば、ロゼのスパークリングワインがいいでしょう。

お酒えらんでゲームしよう!

ズームでできる飲み会ゲーム14選【zoom大富豪、人狼、バーチャル背景対決】

日本酒 - zoom飲み会でゲームもしちゃう!?

渋い雰囲気を演出したいならば日本酒は外せません。燗とおちょこが家にある人は少ないかもしれませんが、プチ贅沢をするならば揃えておきましょう。

好みの日本酒を最初にで飲んで時間が経ってから、熱燗へ切り替えるのが至高の贅沢とも言えます。おすすめは『久保田』の『万寿』です。千寿でもいいのですが、千寿と万寿では味が全然違います。もちろん値段も全然違いますが、せっかくプチ贅沢をするならば、ここは万寿の久保田がいいでしょう。

また、少し前には獺祭も流行りました。日本酒が好きな人は、好きな種類があると思いますのでボトルで用意しておくのがいいでしょう。

最近ではスパークリングの日本酒も発売されています。特に女性に人気なのでそちらも用意しておくと話題が盛り上がること間違いなしです。

手作りカクテル - zoomで一緒に作ってみよう!

カクテルを手作りするのも、zoom飲みならでは楽しみ方と言えます。カクテルならば女性にも人気なので本当に自分が飲みたいカクテルを作って飲むことが出来ます。

また、気心が知れた間柄であれば、バーテンダーの店員役として、みんなからの注文を聞いて作るということも面白い試みかもしれませんね。

カクテルの作り方は難しいイメージがありますが、自宅で作る場合には実はとても簡単に作れます。専用のシェイカーも必要ありません。グラスとマドラーを用意しておきましょう。それでは、いくつか代表的なカクテルの作り方を紹介しますので、参考にしてください。

カクテルで使うお酒は基本的に『ジン』か『ウォッカ』です。どちらも有名なお酒なので名前くらいは聞いたことがあると思います。一般的にジンは『松やに』の香りと味がして少し癖があると言われており、ウォッカは無味無臭で飲みやすいと言われています。

最も手軽なカクテル作りは、このジンやウォッカにジュースを入れる作り方です。どちらも同じジュースを入れることで種類の違うお酒が完成します。例えば、ジンにジンジャーエールを入れるとジンバックというお酒になりますが、ウォッカとジンジャーエールモスコミュールが完成します。

ジンとオレンジジュースでオレンジブロッサムというお酒になります。ジンオレンジとも呼ばれています。ウォッカとオレンジジュースでスクリュードライバーになります。オレンジジュースとスパークリングワインでミモザというカクテルにもなります。ミモザは色も綺麗なカクテルで特に女性から人気のカクテルとなっています。

ワインベースのカクテルで言えば、白ワインとジンジャーエールを混ぜればオペレーター赤ワインとコーラを混ぜればカリモーチョというカクテルになります。とにかく色がきれいなのがワインカクテルの特徴です。おうちで飲むことができるzoom飲みだからこそ、手作りのカクテルも楽しめるので、ぜひ挑戦してみてください。

また、加えるジュースが同じでもベースが違うだけで味も種類も変わるカクテルは、その飲み比べにも最適です。

果実酒 – zoom飲み初めての人に一番おススメ

甘酸っぱいイメージがある果実酒を用意しておくのもいいかもしれません。女性には特に梅酒が人気です。ストレートで飲む人もいれば炭酸で割る人もいたりと様々なので、自分好みの飲み方で楽しみましょう。梅酒以外にも杏子やザクロを使ったお酒もあるのでぜひ用意しておきましょう。

特に果実酒は甘めのものが多いのでデザート感覚で飲む人が多くいるのも特徴として挙げられます。〆のデザートの代わりに果実酒なんてのも乙でいいかもしれません。

zoom飲み・オンライン飲み・リモート飲みであると便利なもの

ここまではzoom飲みでおすすめなお酒について紹介してきましたが、zoom飲みであると便利なものも少しだけ紹介します。

まず、カクテルを手作りする場合にはグラスとマドラー、それに氷を準備しておきましょう。そして豊富なジュースとベースになるお酒が必要です。ここでポイントとなるのが、なるべく他のお酒にも使えるジュースやベースを用意しておくということです。例えば、カクテルのためだけにワインを用意すると無駄になってしみます。それならば、カクテルで使用するジンジャーエールとジンとウォッカを用意した方が、ジンジャーエールも無駄になりません。ジンとウォッカで割れるジュースもいくつか用意しておけば完璧です。

また、余った時に家族が飲んでくれるのであれば種類豊富に用意しても問題ありませんが、そうでないならば種類は限定しておくのがいいでしょう。余った時の処理に困ることになります。

グラスは複数用意しておくと、いちいち洗う手間が省けておすすめです。ビール用のグラス、日本主用のグラスなど分けて使うようにしましょう。

zoom飲み・リモート飲み・オンライン飲みに最適なお酒まとめ

今回は、zoom飲みで最適なお酒について紹介してきました。

最近では自粛で自宅飲みばかりしている人も多いはずです。そんな人には特にプチ贅沢なお酒をおすすめします。

今回の記事を参考にしてzoom飲みでプチ贅沢気分を味わいましょう!

Zoom(ズーム)のやり方やZoom飲みで盛り上がる話題も紹介しています。

【zoom飲み】zoom飲みで盛り上がる話題11選 【リモート飲み】今流行りのZoom飲みって?やり方を大公開!