招待コード『DATELABO』で無料デート

全男性必見!ブサメンでもモテるようになる法則【恋愛心理学】

いろは

どうも!こんにちは&こんばんは、いろはです。
今日はモテたい男必見に記事ですよ!!!
顔が良くないとモテない・結婚できない….」なんて思ってはいませんか?
そりゃ顔がイイことに越したことはありません。ですが、思い出してみてください。
 
正直かっこよくないのに、かわいい彼女がいる男いませんか?
ブサメンだけど幸せの家庭を築いている人はいませんか?
 
そう!顔は重要だけど、それだけでは決まらないんですよ。
ということで、あなたに特別に”誰でもモテまくりの秘訣”を教えちゃいますよ!!

モテポイント1:とにかく女性慣れしよう

モテポイント
モテたいなら女性に慣れよう
えっ、女性慣れから!?と思いましたか。
たしかによくあるような、”肌をきれいにしよう!””服をオシャレにしよう”というのも大切ですよ。

でも肌が綺麗でおしゃれでも、女性の前で挙動不審になる男はモテないですよね。

女性

あら~うぶでかわいいじゃないお姉さんあなたに興味あるなぁ。
なんて漫画みたいな展開もほぼないので、期待しないように!!
女性が男性を見るポイントは「家庭を守れるかどうか?」が占める割合が大きいです。なので女性の前でキョドってしまっていては、モテへの道は遠いですよ!!


でもどうやって女性慣れすれば….

男性

そうですね、一番簡単なのは女性慣れしてる男の真似をしてみる。
・女性のことをリードする
・細やかな気遣いができる(ポイント2解説)
・女性が気持ちいい話の聞き方(ポイント3解説)
などなどありますよね。
 
それを気になる相手だけじゃなく、日々関わる女性それぞれに試してみるんですよ。一発本番勝負ではなく、日々女性慣れした男の真似を練習して本番に臨みましょう。

いろは

日々できないことを本番でやったら、それこそ女性慣れしてない感がプンプンに出ちゃうからね。

モテポイント2:外に見える優しさを発揮する


モテポイント
実は優しいじゃなくて、ちゃんと優しくしよう
ある研究によると、長期の付き合いを考えるうえで一番重視するのは優しさと相手への理解力、ということが分かってるんですよ。どんだけ顔が良くて金があっても、優しさの欠片もなく自分中心な男はモテないからこれは妥当な結果でしょうね。
 
しかし勘違いしないでください。
内面が優しいだけの男がモテるわけではありません!!

男性

えっ、でも優しさはモテるんじゃ…
優しさはわかりやすくアピールしなきゃダメなんですよ。
自分の優しさを内面にとどめて置いて、どうやって相手にその魅力を伝えるんですか!?それで伝わったとしても”きっと優しい人”止まりですよ。

女性

優しい行動をしてくれる人の方がポイントは高いですよね。
・とにかくレディーファースト
・適度な声掛けをする
・困ってるときにはフォローを
・相手の意見を尊重してあげる などなど
自分のできるところから試してみてくださいね。

いろは

女性慣れの項目で普段から練習しておこうとは言ったけど、優しさに関しては8割がた好きな女性に注いだほうがイイかも。誰にでも優しいよりも、特に自分を気遣ってくれる方がポイントは高いです。
おすすめはこちら
【恋愛心理学】付き合うのに重要なのはルックス?それとも性格?【論文研究】

モテポイント3:聞き上手な男になる


モテポイント
話が上手い人は、実は聞き上手!
話が上手い人ってモテるんですよ(唐突
なので聞き上手になりましょう!!実は話が上手いと称される人は、そのほとんどが聞き上手な人なんですよ。
 
研究でも聞き上手な人の恋愛での有利さが示されています。
カップルを対象とした研究ではありますが、「パートナーが話をちゃんと聞いてくれるカップル」はストレスも少なく関係も良好であることが分かっています。それに返報性の原理も働くのか、相手への感謝や愛情も強まっているんです。

いろは

モテる段階に限らず、その後の段階でも聞き上手で損なことはないですよ。聞き上手になるポイントを少し紹介しましょう。
1.適度なうなづき・相づち
うなづきや相づちがないと「この人ホントに聞いてるかな?」と思われてしまうので、適度に行いましょう。
 
「そうなんだ!」「うんうん」「それでそれで?」とリアクションを取ると、相手はどんどん喋ってくれますよ。

いろは

「へぇ~」は印象が悪いことが多いから注意!!
2.アイコンタクト
アイコンタクトは相手の話に興味があることを示せますし、気を惹くこともできるのでおすすめですよ。
 
ただ日本人は見つめられるのが苦手な生き物なので、ジーっと見つめすぎるのはNGです。なんでも適度にほどほどに!!
 
3.相手の言葉を言い換えて返答する
よく「オウム返しがイイ」と聞きますよね?
相手が「○○なんだ~」と言ったら、「○○なんだね」とそのまま返す方法です。
 
これでもOKですが、もうワンステップ上を目指しましょう。

女性

今日さ~、上司にあれやれこれやれって言われてさ、私だって自分の仕事あるんだっつーの。ほかの人もいるでしょ!
もともとの仕事があるのに、そこに増やされると大変だよね。しかも全部任されるとなるともうやってらんないよね。わかるよ。

男性

こんな感じに返せるとよりモテますね。
全然違う文章ですが、言ってる内容自体は女性が言ってることと同じなんですよ。内容の言い方を変えて、そこに共感しているよ!という要素を加えて返しています。
 
こうやってちょっと高度なオウム返しをすることで、女性は「この人私の気持ちを分かってくれてるんだ!」と思ってくれるのであなたの評価はアップ間違いなし!
 
注意
よく女性の話を聞いて、共感ではなく意見を言ってしまう人がいるけどNGです。それは非モテの聞き方。
別にあなたの意見は求められてないんです!ただ話を聞いてほしいと思ってるんですよ。だから意見は言わずに最後まで聞いて共感を示しましょう!!

モテポイント4:モテボディを手に入れる


モテポイント
イイ身体を持ってる男はモテる!
顔を劇的に変えるのは難しい!!
整形などでは変えれますが、何十~何百万という破格のお金が飛んでいきます…
でも身体ならお金をかけることなく変えられますよね!!
 
モテる男のボディは、ウエスト/胸囲=約0.8、ウエスト/お尻周り=約0.85のような引き締まった身体という研究結果です。筋肉量が適度にある引き締まった体を手に入れるために筋トレをしましょう!!

いろは

鏡の前で自分の顔を恨む暇があったら、腰を落としてスクワットだ!!
ちなみに筋トレをすることで、自信がつくということも分かっています。
この”自信”も男性の重要なモテ要素なので、筋トレをするだけでダブルのモテ効果を得られちゃいますよ!!!

男性ホルモンについて

少し余談ですが、男性のモテホルモン「テストステロン」についてお話ししましょう。
テストステロンは筋肉をつくるホルモンですから、ぜひとも増やしたいですね。
そしてフェロモンとして女性を惹きつける効果もあるんですよ!!テストステロンの増やし方、教えちゃいます。

いろは

夜の生活のことを考えても多い方がイイね!!
テストステロンを増やす方法
1.筋トレをする
筋トレは身体だけじゃなく、ホルモンからモテを作る!
大胸筋やお尻、太ももなど大きい筋肉があるとこから鍛えるのがおすすめだよ!
 
2.睡眠を十分にとる
質と量を確保した睡眠はテストステロンを増やす!
5時間睡眠を1週間すると、10~15%減るから注意。
 
3.ホルモンの素となる栄養素を摂る
ビタミンDやDHEAを、食事やサプリで積極的に摂る!
ビタミンDは1日20分の日光浴でもOK。
ほかにも方法はありますが、これなら誰でもできると思います。
ぜひ挑戦してみてくださいね!!

モテポイント5:イケメンに勝てる武器を手に入れる


モテポイント
クリエイティブさがあれば、イケメンにだって勝てる
これが今回紹介する最後のポイントであり、イケメンにも勝ててしまう最強の武器です。
その武器とは….クリエイティブさ(創造性)!!
 
クリエイティブさと男性の魅力の関係を調べた実験があります。
そこで分かったことは、魅力の大きさはクリエイティブなブサメン=クリエイティブじゃないイケメンとなったんですよ!!つまり、クリエイティブさを醸し出せれば、イケメンと同じ土俵に立てるということです。

女性

確かに創造的な人って、魅力を感じるかも。
クリエイティブと聞いて思いつく職業は、芸術系が真っ先に思いつきますね。ほかには、Web関係や何かを作り出す系の仕事もクリエイティブと呼べるでしょう。
でもそのような仕事についてない人はどうしたらいいですか?

男性

方法としてはまず、創造的な趣味を持ってみる!
「僕仕事は○○ですけど、休日にはギターを弾いています」みたいなことが言えるとポイント高いですね。ちなみに、ギターなどの楽器は持っているだけで、その人の魅力を高めてくれます。
 
あとは創造力を高める!
話の節々に創造力や知性の高さが出てる人っていますよね?そういう人を目指すんですよ。

いろは

例えば創造力についての本を読んでみるのもいいし、下記の動画を参考にしてみてもOKです。

おすすめはこちら
科学が証明!イケメンじゃなくてもモテる人の特徴【論文研究】

おわりに

というわけで今回は、イケメンじゃなくてもモテまくりの秘訣を5つ紹介しました。自分のできるところから試してみてくださいね。

いろは

黙ってても恋はやってこない!今すぐ努力を始めよう。

参考文献

1)Rebekka Kuhn et al.The power of listening: Lending an ear to the partner during dyadic coping conversations.Journal of Family Psychology,2018
2)Rene T.Proyer and Lisa Wagner,Playfulness in Adults Revisited The Signal Theory in German Speakers,American Journal of Play,2015
3)Christopher D. Watkins,Creating beauty: creativity compensates for low physical attractiveness when individuals assess the attractiveness of social and romantic partners,THE ROYAL SOCIETY,2017
4)Joan Kellerman et al,Looking and loving: The effects of mutual gaze on feelings of romantic love,AMERICAN PSYCOLOGICAL ASSOCIATION,1989
5)Joseph T Ciccolo et al.Muscular strength is associated with self-esteem in college men but not women,J Health Psychol,2016