招待コード『DATELABO』で無料デート

恋愛心理学【婚活は直感で決めるべき理由】

double M

直感と理想と本能と現実は全て違う。


婚活という言葉はすっかり世間に定着しました。
以前は、婚活スタート時期は30歳前後の方が多かったのですが、近頃では20代前半から始める方も増えています
そのため、婚活人口は圧倒的に増えています。
その割には結婚率が伸び悩んでいることも事実です。
ここでは、幸せな結婚へのステップとして婚活に対する決断を、心理学を踏まえてご紹介します。
心理学を恋愛に応用することで幸せな結婚への道へと繋がります。

double M

心理学+恋愛=恋愛心理学!

婚活は直感で決めるべき理由
心理学とは行動などを研究や観察において導かれている学問です。
心の理学と漢字の通り、人の気持ちや感情が主体となります。
しかし、人の気持ちや感情はとても変わりやすく、環境や状態において変化することもあります。
それにより迷いが発生し、答えに辿りつかないケースもあります。
これは恋愛においても同じ傾向があります。
そこで、婚活をするときの心理学的に直感に従う理由をご紹介しますのでご参考にしてください。

第一印象は8割以上

婚活をし始めるとまずは相手探しをします。
この相手探しをするときに必ず、初対面があります。
初めて会う人の第一印象はイメージの8割以上を占めると言われています。
初対面で感じた相手への印象は、あまり大きくかわることはありません。
ルックスと中身にギャップがある方でも、初対面で感じる印象やフィーリングは直感と同じことを意味します。
そのため、初対面で感じた印象はとても大切です。
初対面でいいなと思ったら迷わず次のステップに進むべき!

外部からの情報に惑わされない

恋愛をする上で、外部からの情報に左右されてしまうことがあります。
婚活をし始めると、婚活について情報収集をすることが多くなり、良くも悪くも知識がつきます。
マッチングアプリもたくさんありますが、直感でこれと思ったらすぐに登録してみましょう!
過去の苦い思い出や、経験が少ない場合は、情報ばかりを取り込んだ結果、婚活に億劫になってしまうこともあります。
自分の直感を信じてその方向にポジティブに進みましょう

double M

婚活は直感に従い行動あるのみ!

世間体を気にしない

婚活をするときに世間体を気にすることはありません。
世間体は、結婚相手の条件は良ければ良いほど勝ち組という判断をすることも珍しくはありません。
しかし、結婚相手は誰かのために決めるのではなく自分の判断と直感を信じることが大切です。
周囲の目線や他人の相手と比べることなく、純粋に自分とマッチした相手とすることが好ましいです。

理想ばかりを追わない


結婚相手は最終的にたった1人の人を選ぶことになります。
そのため、相手選びには慎重になり、理想ばかりが高くなってしまうことがあります。
理想と現実がより近いことに越したことはありませんが、理想が全てとも限りません
イメージと結婚への期待を膨らませすぎると現実離れをしてしまうことがあります。
YESものNOも直感に従うことも大切です。

結婚がゴールではない

婚活をしていると結婚がゴールという1つの区切りを作ってしまいがちです。
しかし、結婚は結婚をしてからがスタートであり、2人で幸せな人生を作り上げていくものです。
結婚後に幸せな結婚生活を送っている多くの夫婦は、相手を直感で選んだ傾向が強く、フィーリングや運命など言葉で表しにくいものに惹かれたと言えます。

結婚選びの直感とは?

そもそも恋愛をする中で直感というものはどういうものでしょうか?
人間は五感である「視覚」「味覚」「触覚」「聴覚」「嗅覚」で感じ取ります。
しかしながら、科学的には証明しにくい第六感が働くこともあります。

第六感とは?


第六感といえば、映画「SIXTHE SENSE(シックスセンス)」が有名です。
第六感というと、不思議な力というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。
実際のところ第六感と直感は似ているところがあります。
第六感も直感も人間の動物的な感覚から感じられることがあります。
これは動物の生態と同じで、少なからずとも人間にも生態があります。
例えば、よりルックスが良い遺伝子を残すことで、自分のDNAを残せる可能性が高くなるため、人は必然的にルックスの良い相手を選ぶことのような一例があります。
簡単に言うと、見た目が良い方がモテるため見た目の良い相手を選ぶことで見た目の良い子供ができ、子供も子孫を残しやすくなるということです。

記憶と経験の関係性

第六感は動物的な生態だけではなく、過去の経験と記憶が混同して働くことがあります。
それが恋愛において直感として現れることがあります。
例えば、男性の場合、幼い頃に母親にしてもらっていたことを自覚がない場合でも記憶に残っているとします。
その母親にしてもらっていたことと同じことをする女性に出会った場合、直感として働くことがあります。
これを運命などと結びつけることもあれば、第六感と感じることもあります。
つまり、第六感や直感と言われるものは、記憶や経験と大きく関係していることがあります。

一緒にチェックしたい記事
おすすめはこちら
【恋愛心理学】 選択肢を与える「ダブルバインド効果」とは?! おすすめはこちら
【恋愛心理学】プライミング効果はマッチングアプリに使える?!

まとめ
「恋愛心理学【婚活は直感で決めるべき理由】」のご紹介はいかがでしたか。
結婚相手を選ぶときは慎重になりますが考えすぎもよくありません。
本能を信じて直感で選ぶことも大切です。
きっと直感が働く相手が現れるとお祈りしています!

いきなりデートで理想の男性を探しませんか?
いきなりデート