招待コード『DATELABO』で無料デート

【元No.1キャバ嬢が伝授!】大好きな彼に返信させる、続かせるマル秘LINE術

こんにちは。
最近暑いですね!そういう時は、アイスを咥えたちょっとエッチな写真を自撮りしがちな飛鳥です。

飛鳥

ちなみにスイカバーが好きです!!
キャバクラでスイカバーが好きー!というと、めちゃくちゃ受けが良いです。
基本的に多くの人は庶民派が好きなんですね。

飛鳥

ちなみにハーゲンダッツのマカダミアナッツの方が好きですよ。
さて、今までは実践としてのテクニックを2回にわたりお伝えしてきましが、今回はLINEがテーマです。
キャバクラで働いていた時はたくさんのお客さんとLINEを交換しますが、やっぱり相手もお酒が入って酔ってることもあって
誰が誰だか覚えてな〜い

男性

ということもよくあります。
ありすぎます。
ですので、飛鳥はLINEにはかなり試行錯誤しました。
女性は基本的におしゃべりが好きなので、LINEもすぐ返すことができますが、男性はそんなに頻繁にLINEをするようなタイプの人は少ないすし、プライベートともに返信がこなくなる場合が多くあると思います。
そんな時でもきっかけを作って新たにLINEをする!彼とお話ししたい!と思うのは当然のことですよね。
とくにキャバクラのお客さんだと、初めましての1回目の来店を経て2回目の来店というのは、飛鳥ちゃんだから行く!というより、この子LINEしていて楽しいから行ってやるかあんまり覚えていないけど)というパターンも多くあるような気がします。
恋愛として付き合うにしても、気持ちよく話したいですし、恋人とも会話が多く、楽しい方が良いにきまってますよね!
そんなあなたへ極秘のLINE術を皆さんにお伝えします!!

大好きな彼とLINE

男性は女性と違い、終わりのない会話をすることがあまり好きではありません
女性でもそんな人が最近多くなっている印象ですが…。
とにかく無駄な話を嫌うのが男性です。
なので、基本的にラインがこちらで終わってしまう、もしくは相手からのスタンプで返信が来て、返信して良い雰囲気ではなくなった、という場合が多いのではと思います。
全然LINEをしない、電話もしないという人にはどうすればいいの?と思う女性もたくさんいると思います。男性はそれが脈なしなのかな‥と心配してしまうことも知りません。
そこで、LINEが止まってしまってもそれがすべてではないことを女性のみなさんはマインドとして持っていて欲しい!と飛鳥は思います。
もともと男性はそんなにLINEなどしない生き物である、ことを前提として入れておきましょう。

なかなか返信をしない彼には…

仕事やバイトが大変でLINEどころではない、という男性、よくいますよね。
「お仕事お疲れ様!」と急に送るのも返信を催促しているようで、少し気が引けますし、かといって「今日ヤンニョムチキン食べたよ!」なんていう私日記LINEもよくないと聞きますよね‥。
好きな人にはなんでも報告したくなっちゃうのはとってもわかります。
そんなとき、私がよく使っていたのは、

飛鳥

いきなり君の会社の近くの、タイ料理屋さんに行ったんだ〜、ここいきなり君のビル、近いよね?
というLINE。
会社が近いよね?というところから相手に関心がある&むやみなアピールでないことを示せますし、彼のランチ事情や他のオススメのお店、または今度一緒にいこ!など色々な方向に話を展開することができます。
また、ランチネタがなくても

飛鳥

いきなり君の会社の近く通ったよー、たしかこの辺だったよね?
など、とにかく相手の置かれている立場(勤務地や仕事内容、ジム、野球部の彼だったらよく練習してしている球場、など)に近いことを自分も体験したことを述べます。

飛鳥

いきなり君の家の近くに美味しいカレー屋さんがあるって聞いたんだけど知ってる?
などでも良いかもしれませんね。テキトーにGoogle先生で調べて、話題の店、無理やり送ってみましょう。
相手は悪い気持ちにはならず、あなたの中で自分の存在を思い出してくれたことにドキッとすることでしょう。
さりげなく、自分の中に相手が存在しているよ!というアピールが大事です!

すぐ会話を終わらせようとする素っ気無いタイプには‥

素っ気ないタイプの彼、いますよね。こちらが長文のLINEを送っても、「うん」や「はい」で終わらす人。
よくいます!!
そういうタイプには2パターンがあって
  • 根からのLINE嫌い
  • 文章でやり取りするより電話の方が好き
このどちらかである可能性が高いです。
時間がたくさんある大学生や高校生の方には特におすすめなのが、電話です。
電話は相手の生活時間などにも関わってくるといいいますが1回の電話で彼に楽しかった!と思わせることさえできれば、電話はクセになります。
LINEで送ると入ってくる情報は目からになりますが、いつも目からではなく、たまには耳から相手の情報を入れることによって、ますます会いたくなる欲が高まります。
さらに、いろんな人に「うん」や「そうだね」で返信するタイプの人は、いろんな人ともすぐラインが途切れがちで、電話などに慣れていません。
いざ電話をするとなると、構えてしまう人が多いです。
その分、会話が楽しかった時のどっぷりハマる度もその分高くなるので、飛鳥はめちゃくちゃ使ってました。
時間は寝る前が一番おすすめです。
そっけない返事をする彼には、いきなり電話して、

飛鳥

ねぇ、どうして返事がそんなにそっけないの?!
とよくプンプンした電話をしていました…今思えば本当に怖いもの知らずですね…
でも、この一言を直接いうだけで、彼からの情報発信も多くなったのは個人的には衝撃でした。
とはいえ、電話が 苦手という女性や彼に電話をするほどの勇気はないというシャイな女性もたくさんいると思います。
その場合は、次の日にまた、彼への話題提供である、上の自分の中に相手が存在しているよアピールがやはりおすすめです。
電話の効果は難易度が高めな分、依存性が高いです!ぜひ、試してみてくださいね!
素っ気ない男性はその分、普段のクールな自分しか周りに見せておらず愛に飢えている可能性も高いといえます(飛鳥調べ)。
どんどん依存させちゃいましょう!!

ノートを使って、彼との時間を共有

LINEについているノート機能。ご存知ですか?
これを普段から頻繁に利用している人はあまりいないのではないでしょうか。
ノートを使うことによって、人で共有しておきたいことをまとめていくことができます
トークに書くと、遡るのも大変ですもんね!
例えば、受験前や同じ資格試験の勉強をしていた時やお互い英語の会話力を高めたい、共通の話題が良くある、などという場合は、ノート機能、とてもおすすめです。
飛鳥は大学時代少し英会話の勉強もしたいと思い、ちょっと難しい単語などはLINEに送って調べていました。
それをキャバクラのお客さんにお話しした時、
 じゃあ一日中1つペースでLINEのノートにイディオムを更新していくよ!

男性

と言ってくださったお客さんがいます。
これを機に、毎日ノートにイディオムを記載してくれてそれがとても楽しくて、知識が増えていく感覚を掴みました。
友人に早速お勧めをすると、大学の友人が気になる彼と、大学の周りのおいしいランチを食べたら報告をする、というノートを作成
どこかでランチをしたり気になるお店があったときはすかさず2人のノートで共有をしていました。
そのノートがきっかけで後に2人のデートに繋がったことは言うまでもないですね。
そのついでで、LINEのトークでノート更新しておいたからみておいてね!
と必然的にトークを起ることも可能です。
投稿をすると相手に通知が入ってしまいますが、編集で内容を追加していくだけなら通知は入らないので、彼の知らない間にたくさん情報を更新して、びっくりさせちゃいましょう!
今でも、友達や彼と、何かがあったときは、ノートを更新している飛鳥です。

返信率ほぼ100%のとっておきLINE

飛鳥がもう最終手段的に使っていたのが、

飛鳥

おはよ、ねー今日いきなりさんが夢に出てきたよ!
という技です。これはもう100%と言っても過言ではないぐらいに、
どんな夢だったの?

男性

と返ってきます。
これで返ってこなかったら、もうブロックしてOKです(暴論)。
夢に出てきたよ、と言われると無意識下で俺のことを気にかけていたのかな?とあらぬことまで勝手に思ってくれるため、こちらとしても一石二鳥です。
好きな人から、夢の内容は?と聞かれると、デートしてた、とかふわふわな甘いことを言いたくなりますが、そこは少し引かれない程度に。
ご注意です。

飛鳥

いきなりくんと一緒に悪い怪獣を倒すような夢…?

飛鳥

なんかいきなり君の所に飛んでいく夢だったような。
など、別に特別意識してないよ?という程度で留めておくのが無難です。
飛鳥はこれをよく使っていました。
1人の彼に頻繁に何度も使うのは
は、いつも何?

男性

となる可能性もあるため、乱用厳禁!
でも彼への決め打ちテクニックとして使ってみてください!
本当に彼が夢に出てくればいいんですけどね!

LINE術まとめ

LINEは今や誰でもインストールしている当たり前のツールです
みなさんも使わない日はないのではないでしょうか。
ぜひ今回ご紹介したLINE術を使って彼をドキッと意識させちゃいましょう。

LINEよりインスタ?! 二回目のデートに繋げる方法も紹介しています。
【令和版・出会いの作り方】lineよりインスタの交換がいいってホント? 【もう一度会いたくなる】初めてのデートから2回目に繋げるテクニック

以上、飛鳥のLINE術でした!