招待コード『DATELABO』で無料デート

【クリスマスに】ちょうどいいプレゼント【女性から男性へ】

 

クリスマスに誕生日など、プレゼントをあげるタイミングに、ちょうど気になる相手と会う約束がある。重すぎず、軽すぎず、ちょうどいいプレゼントをあげたい!そんなあなたにオススメのプレゼントをご提案。

 

お疲れ様です~!

いきなりデートラボ編集部です!

そろそろクリスマス・・・気になる彼とデートの約束をしている・・・

 

けど、ぶっちゃけクリスマスプレゼントあげるべきなのか?!

と悩むそこのアナタ。

 

もしくは、気になっている彼の誕生日が近いけど、付き合ってないから何をあげていいかわからない・・・というアナタ。

そんなお悩みをこの記事で解決していきます!

ぶっちゃけプレゼントってどうなの?

 

いろいろ論争はあると思いますが、もらえるのは絶対に嬉しいです。

なんならお誕生日おめでとうの言葉だけでも嬉しいとは思います。

しかしながら、あまりにも高い物は、さすがに相手も戸惑ってしまうもの。

そこで今回はこの記事の中で、「そこまでの関係性じゃないけど彼にプレゼントをあげたい」アナタ向けに、おすすめのプレゼントを紹介していきたいと思います

 

誕生日編

 

まずは気になる彼の誕生日から!

LINEスタンプ

「お誕生日おめでとう!これ良かったら使って~」

と、気軽に贈れるプレゼントの代表、LINEのスタンプ

数百円程度なので、相手に重いと思われる心配もないですし、相手の好みを理解したうえでプレゼントしようものなら、喜ばれること間違いなし。

また、自分に対してそのスタンプを使ってくれようものなら、

「あ~あげてよかった!」と乙女冥利に尽きるもの。

普段よくLINEを送りあう関係なら、気軽に贈ってみてはいかがでしょうか。

 

その時の食事をご馳走する

少しハードルが上がりますが、食事をご馳走するというのもいいプレゼントです。

もし、好きな人と、誕生日当日もしくは近辺で遊ぶときには、食事をご馳走してみてはいかがでしょうか。

高すぎず、安すぎずでおすすめのお店に連れていき、「お誕生日近かったよね?ここは私が出すよ~」といえば、相手も思わず嬉しくなるもの。

その際に相手が行きたがっていたお店を予約して連れていってあげるなどもいいかもしれないですね。

「こんなに俺のこと考えてくれる人はいない!」と喜んでくれるかも。

 

ここまでは形に残りはしないけど気持ちが伝わるものをご紹介してきました。

物理的なプレゼントは以下のクリスマス編をご参考にしてみてください。

 

クリスマス編

 

クリスマスは二人同時に訪れるもの。

そこでここでは、具体的にプレゼントできる商品を紹介していきたいと思います。

ブランドのハンカチ

物理的なプレゼントとしてもらって一番困らないのは、ブランドのハンカチです。

理由としては、ハンカチというのは普段から持ち歩くものかつ、あまりこだわった趣味を持つ人が少ないことが挙げられます。

しかもブランドものながら値段は1000円前後とお手頃。

いつもは自分でハンカチに1000円は出さないからこそ、相手からもらったときに嬉しいものです。

プレゼントを選ぶときのコツは、「普段自分だったら買わないけど、実は欲しいもの」を選ぶ事です。

また、ノーブランドのバッグのような、安い中での高級品よりも、ブランドもののハンカチのような高級なラインでリーズナブルなもののほうが喜ばれます。

また、デパートやブランドの紙袋でもらうだけで、テンションの上がり方が全然変わります。

デパートのメンズフロアで、彼に似合うハンカチを探してみませんか。

高めのボールペン

これも先ほどのハンカチと同じ理論で、普段からこだわりを持って高い物を持つ人は少ない一方で、必ず日常で使うという性質を持ちます。

特に2000~3000円代のものは、高級な箱に入っていたりなど、高級感も抜群。

学生だろうが社会人だろうが絶対に使うものなので、もらって困るという人はまずいません。

デザインは様々ですが、できるだけ黒や青のようなシンプルなものを選びましょう。

Itoyaのような文房具専門店に出向いて、彼に似合うボールペンを探し歩くのも楽しいかもしれません。

 

彼の好きなお酒や食べ物などの消耗品

こちらももらって嬉しくない人はいません。

会話の中で出てきた食べ物やお酒など、きちんと彼の好みを踏まえてプレゼントしましょう。

ウイスキー好きな彼にはウイスキーを。

ワイン好きな彼にはワインを。

またそれぞれのお酒に合うおつまみなどをプレゼントしても喜ばれると思います。

この際に気を付けなければならないのは、日持ちしない生ものをあげるのを避けることと、

アレルギーや好き嫌いをある程度理解しているという自負があることです。

もし、あまり自信がない場合には、当日に彼とカルディなどでウィンドウショッピングなどをして、

彼が気になっているものを把握したうえで、

「もうすぐ誕生日だよね?よかったらこれ」と渡してあげてください。

まとめ

 

いろいろと提案はしましたが、一番大事なのは気持ちです。

彼に喜んでもらいたい、という気持ちがあれば、きっと相手は喜んでくれますよ。

相手の幸せを願えるあなたが、幸せになれますように。