招待コード『DATELABO』で無料デート

【カップル必見】動物園デートのススメ【関東】

デートの定番である動物園。でも実は、服装やアレルギーなど気にかけることがたくさん。今回はそんな動物園を成功させるべく、動物園デートのススメを書きました。

 

こんばんは〜いきなりデート編集部です。

みなさんデート楽しんでいらっしゃいますか?

 

今回は現役慶應生が『動物園デートのすゝめ』を説いていこうと思います。(つまんな……とか言わない

動物園は老若男女、一年中たのしめる定番のデートスポットとなっています。そんな動物園デートのいい点・注意点・おすすめ動物園をご紹介します。

 

動物園デートのいい点

 

動物好きカップルにはぴったり

 

当たり前だろ!!! と怒られてしまいそうですが……これは挙げざるを得ませんでした……。

大人になってから動物園に行ってないなあ‥‥という方がほとんどだと思います。

子供の頃はライオン!ゾウ!キリン!みたいに有名な動物ばかり見に行っていました。自分だけですかね?

大人になった今では意外にマニアックな動物に心惹かれてしまうこともあるかも。ちょっとブサイクな動物や変な名前の動物の方がいじりがいがあって会話も弾みます。

生態について書かれた看板も大人になった今ならじっくり読めるはず。昔以上に動物園が楽しめそうです。

意外とアクティブなデートになる

 

動物園を端から端まで見ようとすると意外に歩くことになります。歩いて、立ち見して、歩いて……の繰り返しになるため思ったよりアクティブなデートになります。

動物園には数多くベンチが設置されていたり、売店・フードコートがたくさんあるためこまめに休憩をとるようにしましょう。

遊園地と一体型になっている東武動物公園のような動物園もあり、また違ったアクティブさが楽しめそうですね。

入園料が安い

 

動物園デートの魅力として入園料が安いコスパがいいという点もあります。

基本的に動物園の入園料は水族館より安い!滞在する時間も水族館より長い!よって、少ないお金で長い時間楽しめる!ということになります。

そこまでの差にはなりませんが、デートにあまりお金をかけられない学生でも気兼ねなく楽しめます。

動物園に入った後もかかるのは、ご飯代と動物のエサ代くらいなのであまりかからないですね!

動物園デートの注意点

 

動物アレルギーの有無

 

基本中の基本ですが、みなさん、確認できていますか?

あまり聞く方を知りません。もし聞けるあなたはマジで紳士です。

これが聞けたら、誠実な人だなあって思います、マジで。

 

冗談はさておきアレルギー反応は想像よりも苦しいもので死に至る可能性まであるので注意しましょう。大切なデートが台無しになってしまいます。

動きやすい服装で

 

さっきも述べたように動物園デートは意外にアクティブなものとなります。季節に合わせた動きやすい服装でおしゃれをしていく必要があります。

ヒールは避けてスニーカーや歩きやすい靴で。疲れるだけでなく、靴擦れしたら悲惨‥‥。

服装も温度調節できるようなものだとなお良しです。動き回るため冬でも暑くなってきます。

逆に、パンダなどの人気の動物を待っているときは冷えます。女性は男性よりも温度変化に敏感なので気を使えるとベターですね!

汚れる可能性があるためコートは避けた方がいいかもしれません。

雨天時のフォローを

 

動物園に行こうとしてたのに当日雨が降った……なんてことは誰にでも。そこで「どうしよう…」とならないように雨の日用のプランも用意しておきましょう!

もちろん雨の日でも台風とかが来ない限り動物園は開いています。

雨の日は人も少なく空いているためメリットも。濡れる覚悟は必要ですが。いく場合は雨具とタオルを忘れないようにしましょう。

行き先を替える際はショッピングや映画が無難な行き先になります。駅直通で向かえるスポットならなお良し。ジョイポリスのような完全屋内遊園地もありです!

関東のおすすめ動物園

 

いい点・注意点がわかったところで、関東のおすすめ動物園を3つ紹介していきます。

 

恩賜上野動物園

 

動物園といえばここ!都内からのアクセスもよく、博物館も近くにあり雨も心配ナシ。

ジャイアントパンダなど人気の動物をはじめ、350種の動物たちがここで生活しています。名前はよく知られているアイアイは国内だとここでしか見られないそうです。

上野でのデートプランはこちらを参考にしてください。

横浜動物園ズーラシア

 

こちらの動物園は、動物たちを生息地の気候帯・地域別にそれぞれ展示しているのが特徴です。多分全然伝わらない。

すごさを簡単に表すと「アフリカのサバンナ」エリアでは、肉食獣のチーター草食動物のキリン・シマウマが一緒に展示されています。すごさ伝わったでしょうか?

100種750点の動物が展示されていてボリュームもあり、入園料も800円とリーズナブルです。

東武動物公園

 

都内からは少し離れてしまいますが、渋谷・北千住から一本で行けるため意外といくのに苦労はしない。都内から近い動物園では珍しく、動物園と遊園地が一緒になった施設です。

東武動物公園のシンボル「ホワイトタイガー」をはじめ、約120種1,200頭の動物が暮らしています。触れ合い・体験系の多さは動物園界でもトップです。

夏にはプール、冬にはイルミネーションが行われるため季節に応じて楽しめます。

最後に

 

動物園デートする相手が欲しい……という方は「いきなりデート」を使って探してみてはいかがでしょうか?