コンテンツ

【絶対泣ける】好きな人との死別を描いた恋愛映画まとめ【失恋したときにもおすすめ】

 

こんにちは〜

いきなりデートラボ編集部です。

これからの時期、寒いし暗くなるのも早いのでお家で映画デートなんていかがでしょうか?

泣ける映画を一緒に観ればお互いの大切さに気づいて、クリスマスシーズンに向けて愛が深められるかも?

会いたいのにもう会えない、死に引き裂かれた2人をみると号泣間違いナシです。ハンカチ、ティッシュをご用意してからご覧ください。

おすすめの切ないラブストーリー映画

 

世界の中心で愛を叫ぶ

 

「世界の中心で愛を叫ぶ 映画」の画像検索結果
あらすじ

主人公「朔太郎」 の婚約者「律子」は引越し準備中にカセットテープを見つけ、理由も言わずに姿を消してしまう。しかし行き先は自分の故郷と判明。後を追う朔太郎だったがふと高校時代の甘い思い出が蘇ってくる。
初恋の人「亜紀」とカセットテープで交換日記を残していた朔太郎。しかしその楽しい時間は長くは続かず、亜紀が重い病気を患っていることが判明。亜紀の最後の願いを叶えようとするが、空港で倒れてしまい…。
真相にたどり着いた朔太郎は当時渡されることのなかった最後のテープを聴くこととなる

今や大人気女優の長澤まさみさんの出世作となったこの映画。演技のために髪を剃るほどの覚悟を見せたそうです。

話としては王道中の王道。今観ると少しベタな演出も多いと批判されることもありますが、それでも名作です。

映画では時間の都合で、原作の細かな心理描写までは描き切っていません。時間の余裕があって、細かな心理描写がお好きな方はドラマ版もおすすめです。

君の膵臓を食べたい

 

「君の膵臓を食べたい」の画像検索結果
あらすじ

たまたま病院に来ていた主人公「春樹」はクラスメイトの桜良の日記である「共病文庫」を拾ったことで彼女が重い膵臓疾患を患っていることを知ってしまう。そこから2人の交流がはじまります。死ぬ前にしたいことを2人でしていき、距離もだんだんと近くなっていくが別れの時も近づいていき……。

何と言ってもタイトルが衝撃的ですよね。最初は恋愛映画じゃなくホラー映画かと思いました。

主人公とヒロインが深く愛し合ってベタベタするようなラブストーリではありません。全然関係のなかった2人がお互いを意識し始める。素直に言葉にできないじれったさをうまく表現している映画だと思います。

「愛する人が重い病を患ってしまったがそれでも愛し続ける」ストーリーはもはや定番ですが、「近いうちにいなくなってしまう人を好きになっていく」ストーリーは新鮮で、とっても寂しいです。

毎日生きていることの喜び、知っていながらも普段の生活で忘れてしまうものを気づかせてくれる暖かい映画です。

湯を沸かすほどの熱い愛

 

「湯を沸かすほどの熱い愛」の画像検索結果

あらすじ

銭湯を営む幸野家。しかし1年前に父親がふらりと姿を消してしまいます。母、双葉はそれでも懸命に娘を育てていました。しかしある日突然双葉は末期ガンで余命二ヶ月という宣告を受けます。それから双葉は死ぬまでにやりたいことを決めそれを実行していきます。その行動が家族の中をより強めるものとなり、家族は双葉を全力の愛を込めて見送ろうとする。

脚本・演出・演技全てクオリティが高いと絶賛されている邦画の名作です。

病気・死別系の映画ですがそこを前面に押し出していない、泣かせようとしていない脚本・演出になっています。

泣かせよう、泣かせようとしてくる映画って観ていて冷めちゃった経験ありませんか?

この映画はシリアスな内容に対してギャグというか笑えるシーンが多く入っています。泣き要素と笑い要素が本当にちょうどいいバランスになっています。それが余計泣けてきちゃうんですけど。

俳優さんの演技も素晴らしいのでとてもおすすめの映画です。

死ぬまでにしたい10のこと

 

「死ぬまでにしたい10のこと」の画像検索結果

 

あらすじ

2時の母であるアンはある日腹痛に襲われ病院に運ばれる。そこで全身にガンが転移していて余命が二ヶ月と宣告される。あまりの出来事に涙が勝手に流れてくるが、夜家を抜け出しカフェへ向かう。そこで死ぬまでにしたいことのリストを作り、家族には内緒でそのリストを全うしていく……。

ある日突然自分がガンだと宣告されたらどうしますか…?可能性は低いですが誰にでもあり得るシチュエーションです。

そんな時自分はどうするでしょうか。悲しみにふけたり、自暴自棄になったりするかもしれません。

しかし主人公のアンはやりたいことをしっかり決め死と向き合います。賛否両論あるやりたいこともありますが23歳の若い女性らしい願いだと思います。

「死とどう向き合うか」という重いテーマがある一方で映画自体はポップな演出もあり、誰でも気軽に見れる映画となっています。

余命一ヶ月の花嫁

 

「余命一ヶ月の花嫁」の画像検索結果

 

あらすじ

イベントコンパニオンとして働いていた千恵(榮倉奈々)は幕張でのイベントで太郎(瑛太)と出会う。お互いに惹かれ合い交際することになるが、千恵は乳がんであることを隠しながら付き合っていた。数ヶ月後、千恵は太郎に乳がんのことを打ち明け別れを告げるが、太郎は千恵を追いかけ自分の気持ちは変わらないことを打ち明ける。2人で生きていくことを決心したのだが、再び乳がんが再発してしまう……。

/box04]

実話を元に作られたこの映画。長島千恵さんの名前もそのまま使っています。「自分と同じつらい思いを他の人にはして欲しくない」という思いから実名を出したり、取材をするのを快く受け入れてくれたようです。

乳がんの存在、ピンクリボン運動などを世の中に広めることとなった映画です。

乳がんと闘う千恵さんの姿、それを支える周りの人の暖かさなど繊細に描かれていてとても共感できます。

結末はタイトルからも分かってしまいますがそれでも泣けてしまいます。

テーマは重いですが、映画はそれを前面に押し出しているわけではなくどちらかといえば淡々と描いているので生きることを考えるきっかけになると思います。

まとめ

切ない恋愛映画いかがでしたでしょうか?有名な作品ばかりですが意外と観たことない人も多いのではないでしょうか?

好きな人がそばにいてくれる喜び、意外と忘れてしまうものです。別れようか迷っているとき、喧嘩したときに観ると相手の良さを再確認できるかもです。

お家で一緒に映画を見る相手が欲しいという方はいきなりデート使ってみてください。

 

 

このページを見たあなただけに特別キャンペーン!

いま、招待コード【DATELABO】を入力すると、デートが1回無料に。

この機会に一度、いきなりデートを体験してみませんか?